常夜灯風時計台

掛川経済懇話会より寄贈された「常夜灯風時計台」は掛川城内三の丸広場にあります。時計台の高さは3.3メートル屋根は銅板葺き、本体は杉で造られ、二面に時計、他の二面に市章を配しています。
tokei002 tokei001 tokei003
時が経つにつれ屋根は緑青の色彩となり、杉も深い色に変化して掛川城の風景に溶け込んで行くことでしょう。

tokei006 tokei004 tokei005
しかし、時計は最新式のソーラーパワーで動く電波時計。屋根の上にはソーラー電池が取り付けられています。2台の時計が違う時間を告げることなく、また人の手によって定期的に修正をすることもないメンテナンスフリーです。

古式豊かな風情の中に最新のシステムが融合した建築物です。掛川城へお寄りの際は是非お近くでご覧ください。




コメント

非公開コメント

プロフィール

㈱川島組営業部

Author:㈱川島組営業部
川島組は宅地開発から住宅、店舗、工場、土木コンサルティングサービス、土木及び建築の設計施工まで一貫して行っています。掛川の地を基盤に、半世紀以上にわたって、宅地開発や区画整理、公共建築や商業建築、住宅開発など土木・建築・住宅の三部門の柱をメインに地域密着型の総合建設業を営んできました。アパートやマンション、輸入住宅や店舗設計施工、不動産取引き、飛鳥野台など質の高い宅地開発などを通じて地域に貢献してきました。

Gallery

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

ご来場者数